スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のTKG 3/27

本日の水温は16℃。

大人のTKG達は皆いつもの穴に健在でした。
さて、3/3に引っ越が確認されたクイール(♀)の新居です。
春になり、クイールの顔がまた黄色っぽくなってきました。

kuiru20060327.jpg
新居のクイール

下の画像は去年の秋のクイールです。

ほほ一本
秋のクイール

3/27は、頬の白い部分と眼上皮弁の白い部分が黄色っぽくなっているのが分かると思います。
TKGの観察を始めてから、春になると赤い模様の個体の顔の色が黄色くなるというか、くすんだ色になるというか、そんなふうに変化するなぁと思っていました。
春になると何故体色が変わるのでしょうか。
繁殖期(冬)に変化するなら婚姻色ということで分かるのですが。。。
ただ、全ての赤い個体の色が変わる訳でもありません。
以前いた鼻白(♀)は変化しませんでした。
この時期の体色の変化は何か意味があるのでしょうか。


shai20060327.jpg
シャイ

この子はシャイ(♀)です。
たまたま穴から伸び上がっているところが撮影出来たので載せました。
TKGの体が見られる機会は意外と少ないのです。


この日はTKGの幼魚は3個体確認できました。

u-20060327-3.jpg
U

yg-120060327.jpg
ダン(頬に黒帯模様)

yg2-20060327-3.jpg
ヒッキー


3/19には6個体の幼魚がいましたが、この日は3個体しか確認できませんでした。
唯一個体識別できたのは、3/3に発見したUです。
Uは最初に発見した穴から移動して違う穴に入っていました。

体の大きさは、大きな方から、U、画像三番目、二番目でした。
Uは最初に発見してから3週間以上経っているので、順調に成長しているのでしょう。
二番目の個体は非常に小さく、眼上皮弁も他の2個体と比べるとまだまばらに生えている、といった感じです。
幼魚は成長と共にどんどん巣穴を変えるので追跡はとても大変です。。。
スポンサーサイト

今日のTKG 3/19

久し振りの更新です。

水温16℃。
大人のTKGは皆前回の観察と同じ穴に健在でした。全部で12匹です。
オスの歯っかけの顔の色がまだ少し黒っぽいですね。
午前中の観察では黒くなっていなかったのですが、午後は少し黒っぽくなっていました。
TKGの眼上皮弁には白い部分があります。
オスは婚姻色で黒くなると、この白い部分も真っ黒くなる個体もいて、歯っかけはそのタイプです。
午後の歯っかけは眼上皮弁まで黒くなっていました。
が、ピーク時の真っ黒さはなく、求愛している気配もありませんでした。

オスの黒てっぺんの挙動が不審でした。
午前中の観察で、

「なんだか穴の奥に潜っているな〜」

と感じました。
卵保護中のオスは、時々穴の奥に引っ込む行動をします。
気になったので、午後は黒てっぺんに張り付いてじっくり見ていました。
すると、5から10秒おきに、ひっきりなしに穴の奥に潜っていました。
黒てっぺんの巣穴はオオヘビガイの殻で、中はゆるやかにカーブしています。
なので、奥に引っ込んでいる時の黒てっぺんの様子は見えないのですが、結構奥に潜っているような感じでした。
今迄見て来た卵保護中のオスよりも、とても頻繁に潜っていました。

もしや、卵保護中なのでしょうか?
更に、あれだけ頻繁に潜っていたのは、もしかして、ハッチアウトが近いのでしょうか?
結構長い時間黒てっぺんの行動を観察していたのですが、その間黒てっぺんの動きは途切れることがありませんでした。

まだ顔が黒っぽい歯っかけ。
怪しい行動の黒てっぺん。
もしかして、TKGはまだ産卵期なのでしょうか。
いつかTKGのハッチアウトを見てみたいものです。。。

幼魚は今日は6個体いました。
3/3に見つけた4個体のうちの3個体は同じ穴にいました。1個体は行方不明ですが、もしかしたら引っ越したのかもしれません。
どちらにしても、新たに2個体増えたことになります。
今日は穴から出ている幼魚がいたので、しげしげと観察。
体には親と同じように縞模様があります。
体長は3cm程でした。
今日は幼魚の個体識別が出来ていないので、これはまた後日に。。。

今日のTKG 3/3

今日の水温は16℃。
この時期にしては暖かかったです。
波で揺れ揺れのオクリダシで今日もフタコブ岩に張り付いてTKGを見て来ました。

今日はクイールの引っ越しと、TKGの幼魚が確認されました。

クイールはいつもの穴にいなかったので、消えてしまったかと思いましたが、周辺を探したら少し離れた場所の穴に移動していました。
今迄クイールが住んでいた穴は空になっているので、他のTKGに巣穴を奪われたのでもなさそうです。
TKG達はいつも穴から顔だけ出して餌を探しているような感じですが、新しい穴に移ったクイールは穴の中に顔を埋めていました。
見た感じでは今迄よりも狭くてきつそうな感じですが。。。
古い穴には気に入らない事があったのでしょうか。


3月に入り、そろそろTKGの幼魚が出ている筈だと思い、フタコブ岩にへばりつき、岩肌をなめるようにして探しました。
以前初めてTKGの幼魚を見つけたのが3月だったので、もういる筈だという確信がありました。
すると。。。やっぱりいました!ちびちびTKGが!
新しい個体を見つけたら、個体識別の為に名前を付けなければいけません。
ということで幼魚達にも。。。


barbel.jpg
バーベル・・・頬の黒い模様がバーベルに似ているから

hikky.jpg
ヒッキー・・・穴に隠ってなかなか出てこない

miyako.jpg
都(みやこ)・・・眼の下に泣きぼくろ=都はるみ

u.jpg
U・・・口元に白いUの字模様

barbel-majer.jpg
これはバーベルに0.5mm刻みの定規を当てた画像です。
TKGの幼魚の顔の大きさがお分かりいただけると思います。
3.5mm位でしょうか?

幼魚でも顔つきは立派なTKGです。
何故かいつも幼魚は岩の北側で見つかります。
今後も新しい幼魚が増えることが予想されます。
嬉しいやら大変やら。。。

2/22の記事に、オスの婚姻色の黒っぽい色が薄くなったと書きましたが、3/3の観察ではまだやる気がありそうな黒さを残した個体もいました。
口じわ、歯っかけ、黒てっぺんがそうでしたが、ピークの黒さではありません。
他のオスと思われる2本線、十文字、V、鼻ひげはすっかり色が褪めていました。

プロフィール

トウシマコケギン

Author:トウシマコケギン
TKGワールドへようこそ!

TKGとはトウシマコケギンポという海の魚の愛称です。
ここは伊豆半島は伊豆海洋公園のオクリダシの入り江のフタコブ岩で暮らしているトウシマコケギンポの観察日記です。
さてさて、今日のTKGは?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。