スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のTKG 6/21

この日の水温は20℃ちょっと、やっと20℃を越えました。
TKG達がいるフタコブ岩は相変わらずワレカラだらけです。

hakkake060621.jpg
ハッカケです。
ハッカケの周囲にある白いケバケバは全てワレカラです。
TKGがワレカラを食べるのを見た事がありますが、これらのワレカラは食べないのでしょうか?

さて、本日のTKGに変化がありました。
この前の繁殖シーズンに産卵をしたメスのフミが行方不明です。

他には、1年目と思われる新顔が3個体見つかりました。

4honnsenn060621-2.jpg
4本線(右唇に白線が4本)
この子は南面の左端下の亀裂にいました。
この子が入っているオオヘビガイの殻は以前からあったので、TKGが入ったかどうか時々チェックしていました。

itigo060621.jpg
イチゴ(顔が真っ赤)
この子は西面の右側の下にいました。水底に近いかなり下の場所です。
行方不明のフミを探している時に見つけました。

「こんな場所にはいないだろう」

という思い込みを捨てて、端から端迄くまなく探したらとても変な場所で見つかりました。

mikann060621.jpg
みかん(顔がオレンジ色)
この子は東面の右側上の方にいました。
この東面の右側は、横溝が何筋も入っていて、そこにいつも砂がたまっているような環境で、今迄TKGが見つかったことはありませんでした。
そのためこの面をあまり熱心には探していませんでした。
今回は、たまたまこの子が穴の付近に出歩いているのを見つけ、それで巣穴も発見されました。

「今迄いなかったからここにはいないだろう」

という思い込みはダメですね。。。


さて、西面では三角が出歩いていました。
新しい穴を探しているのでしょうか。

hanaikaku.jpg
左上のTKGは鼻ひげです。右下にいる三角を威嚇しています。
この後三角は南面に移動し、4本線に近づいて行きました。

1ikaku.jpg
この子は4本線です。
近くに来た三角にのどを膨らませて威嚇しているところです。

ana.jpg
三角はまた西面に戻り、3年以上前に十文字が住んでいた穴を見つけました。

ananozoki.jpg
穴を覗いています。
しかしこの穴はダメだったようです。
この後北面に移動し、左上にある穴に飛び込みました。

sannkakuanainn.jpg
穴に入った三角です。
なんのためらいも無くこの穴に入ったので、現在はこの穴に住んでいるのかもしれません。
6/2には黒てっぺんのすぐ下の穴にいたので、引っ越しをしたようです。


幼魚達です。
もう幼魚というサイズではないかもしれません。

mikky060621-2.jpg
ミッキー

u060621-2.jpg
U

2匹とも前回と同じ穴にいました。
ショウと紅白トサカは行方不明です。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://marinabi.blog49.fc2.com/tb.php/20-abbe74dc

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

トウシマコケギン

Author:トウシマコケギン
TKGワールドへようこそ!

TKGとはトウシマコケギンポという海の魚の愛称です。
ここは伊豆半島は伊豆海洋公園のオクリダシの入り江のフタコブ岩で暮らしているトウシマコケギンポの観察日記です。
さてさて、今日のTKGは?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。