スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のTKG 12/12

水温は18℃。
相変わらずクリアできれいな水で気持ちが良いです。

さて、本日のTKG。
事件です。
なんと、口じわの穴にVが入っていました。

vnottori061212.jpeg

vnottori061212-2.jpeg
口じわの穴のV

見た瞬間に「Vだ!」と分かり、するともしかしたら口じわはVの穴にいるかもしれない、と思いましたが、Vがいた穴は空っぽでした。
一体何が起きたのでしょうか?

考えられる事は、
1. 何かの理由で口じわが穴を出た隙にVが乗っ取った
2. 口じわが穴を放棄して空穴になったところへVが入った
3. Vが口じわに喧嘩をしかけてVが勝ち、穴を乗っ取った
4. 口じわが死んだ

1 については、口じわはVよりも体が大きいので、Vに穴に入られたとしても追い出せた筈です。
2 は、今は繁殖期で、口じわの穴はすぐ近くにメス(もどき)がいるという好条件の穴だった筈です。この時期に穴を放棄するということは考えにくいです。ただ、口じわは、フタコブ岩のTKG達の中で一番大きな個体でした。穴の大きさが体に合わなくなって新しい穴を探しに出た可能性もゼロではないかもしれません。
3 は、1 についてでも書きましたが、体が大きい口じわがVに負けて追い出されたというのは考えにくいです。ただ、口じわはこのTKGプロジェクトが開始された時からいる個体で、少なくとも5年近くは生きています。TKGの寿命がどれくらいなのかは分かっていませんが、寿命が迫っていて弱っていたならVに負けることもあるかもしれません。
4 は、寿命又は捕食者に食べられた可能性もあります。

口じわは先月の15日にもどきとの産卵があり、巣穴で卵を保護していましたが、その卵はどうなったのでしょうか。
孵化してからいなくなったのか、孵化の前にいなくなったのか。。。
孵化の前にVが入ったとしたらVがその卵を保護する事はないので、卵は死んでしまいますね。。。
フタコブ岩を隈無く探してみましたが、口じわを見つける事ができませんでした。
どこかで元気でいてくれたら良いのですが。。。
4年もの付き合いのお馴染みさんの姿が消えるのは寂しいものです。。。
ちなみにVはこの日、ご近所のもどきに求愛をしていたそうです。



juumonnji6.jpeg
十文字です。
この日、いつもと違う行動をしていました。

juumonnji2.jpeg
体をひねってみたり

juumonnji.jpeg
引っ込んで横を向いたり

juumonnji4.jpeg
逆さまになったり

juumonnji3.jpeg
すっぽりと潜ってみたり

juumonngi5.jpeg
胸びれをパタパタさせています

十文字は落ち着きなくもぞもぞとしていました。
また、胸びれを忙しなく動かして穴の奥に新鮮な水を送っているようでした。
時々体を揺らすような動きをしていて、尾びれも使って穴の中を扇いでいるようでした。
これは卵保護中と考えて良いと思います。
こんなに忙しなく卵の世話をしているのは、もしかして孵化が近いのでしょうか?
鼻ひげも時々十文字と同じような動きをしていました。
こちらも卵保護中なのかな?
ああ、穴の中が見たいです。。。
ところで、十文字のお相手のメスは誰なのでしょう?
とても気になります。。。

それから、前回の観察でお腹の大きかったマッカチンはまだ産卵していませんでした。
とてもゆっくりしたペースでお腹が大きくなるようです。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://marinabi.blog49.fc2.com/tb.php/32-78b70064

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

トウシマコケギン

Author:トウシマコケギン
TKGワールドへようこそ!

TKGとはトウシマコケギンポという海の魚の愛称です。
ここは伊豆半島は伊豆海洋公園のオクリダシの入り江のフタコブ岩で暮らしているトウシマコケギンポの観察日記です。
さてさて、今日のTKGは?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。